物件の選び方

居抜き物件は有効に利用することが出来れば、大変便利な賃貸物件です。トラブルを未然に防ぐための方法もありますので、賃貸物件を探しているのであれば、一度は検討に入れてみるといいでしょう。

Read More...

メリットを知っておこう

開業するためには、少なからず費用が必要になります。特に、設備が必要な事業を行なう場合には初期投資を抑えることがとても重要になってくるため、賃貸ならば居抜き物件を利用するなどして、コストを最小限に抑えましょう。

Read More...

便利な店舗

居抜き出店を利用すると、元からおかれてあったテーブルや椅子などを利用することが出来ます。そのため、出店に必要な費用を抑えることが出来ます。店を開く場合は、この居抜き出店を利用しましょう。

Read More...

費用を抑える

「居抜き物件」とは、以前の物件の借り主が使用していた内装や器具などを新しい借り主が使用することが出来る物件の事を言います。物件の契約を解除する場合、通常であれば契約をする前の状態に戻す必要がありますが、居抜き物件の場合はその必要がありません。そのため、原状回復のための費用を抑えることが出来ます。そして、新たに物件の契約を行う人にとっては、同じような業種を展開するのであれば、すでに内装や機器がある程度揃っている状態であるため、新たに購入する物が少なくて済みます。そのため、初期費用を抑えることが出来るというメリットがあります。また、接客業であれば、従来の店舗の顧客を獲得することが出来る場合もあります。このように、居抜き物件には様々なメリットがあるため、今後も利用する人が増えるのではないかと考えられます。

居抜き物件を利用する際の注意点としては、残されている機器が使用することが出来ない場合があるということです。特に歯科医院などの電気機器は長い間使用していないと、故障してしまう場合があります。修理費や処分するための費用が発生する可能性があるので、あらかじめどのような状態なのかを確認するようにしましょう。居抜き物件によっては、電気機器などをリースで利用している場合もあります。リース契約をしている機器があった場合には、所有者はリース会社であるため、利用することが出来ない場合がありますので、注意が必要です。契約を行う際には、リースでの問題があった場合の対応についても確認しておくことが重要になります。居抜き物件は、言わば中古物件です。必ず自分の目で見て確認するようにしましょう。